top of page
ETHIOPIA

Ethiopia Guji Dimtu

エチオピア グジ ディムツ

 

浅煎り 100g

 

 

 

はなやかでフローラルな甘い香り

ブルーベリーやレモネードのような甘み

紅茶やグレープフルーツのような爽やかな後味

 

 

 

 

エチオピアは、東アフリカの中心に位置する国で、コーヒー発祥の地と言われており「ヤギ飼いカルディ」の伝説は広く知られています。

土壌や気候はこの上なくコーヒーの生育に適しているので、剪定や化学肥料をほとんど必要とせず、約90%がオーガニックで栽培されています。

ナルドスコーヒーの始まりは、1960年代にさかのぼります。キュレーターのビニヤム・アクリル氏の曽祖父がグジでコーヒー生産を始め、祖父がその地にウォッシングステーションを設立しました。ちなみにそれはグジ初の民間によるウォッシングステーションだったそうです。

現在のナルドスコーヒーは、グジ、イルガチェフェ、ウラガに9つのウォッシングステーションと6つのドライミルを持ち、そこで115人の正社員が働いています。

標高2,000m以上の場所にのみウォッシングステーションをつくり、時間を守って発酵と乾燥を行う、乾燥しすぎるのを避けるために収穫したコーヒーは少し冷ましてから倉庫に運ぶ。こうした小さな工夫の積み重ねが、コーヒーの品質に大きな変化をもたらします。

ナルドスコーヒーでは、精製のすべての工程は綿密な計画に則って進められています。気象や地理は地域ごとに異なるため、ベストな精製方法も地域ごとに異なる。長年の経験に裏打ちされた技術や知見が、精度の高い精製を実現しています。

 

 

世界中のコーヒー生産者と自家焙煎ロースターをダイレクトトレードでつなぐオンラインプラットフォーム"TYPICA" を通じて輸入した豆です。

新鮮なコーヒー豆を、必要な人に、必要な量だけ、適正な価格で届けることで、コーヒーをサステナブルに、自然の恵みをともに楽しみたいと考えている“TYPICA”の考え方に共感し、取り扱いを始めました。

 

 

 

 

地域: エチオピア オロミア州 ウエスト グジ

精製所 : ディムツ・ウォッシングステーション

標高: 2,150m 

キュレーター : ビニヤム・アクリル/ナルドスコーヒー

品種 : 原生種

精製方法 : ウォッシュド

焙煎度合 : 浅煎り

 

 

 

賞味期限

豆 : 約3週間

粉 : 約2週間

ETHIOPIA

¥900価格
  • 配送方法:ヤマト運輸

    お届け日数:2〜5日

     

    < 送料 >

    本州・四国・九州 800円(税込)
    北海道・沖縄 1,000円(税込)

     

    * 5,000円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料

bottom of page