BOLIVIA

Bolivia La Esperanza

ボリビア ラ・エスペランサ

 

中煎り 100g

 

 

 

キャラメルやヘーゼルナッツの香ばしさ

ブラウンシュガーのようなコクと甘み

桃やチェリーのようなやさしい果実感

 

 

 

南アメリカ大陸のほぼ中央部に位置するボリビアは、国土の3分の1を4,000m以上の山々が連なるアンデス山脈が占める高山国です。首都のラパスは世界一高い所にある首都と言われていて、その標高は3,500mを超えています。

また、熱帯雨林やサバンナが広がる低地もあり、多彩な自然環境に恵まれています。

 

ボリビアのコーヒー栽培の歴史は、1880年代頃からスペイン植民地時代の入植者によって始まりました。栽培されるコーヒーの品種は、ティピカなど古くからある在来種が今でも多く、高い標高により昼夜の寒暖の差が激しいため実がひきしまり、甘みが強く、豊かな酸味と風味が特徴です。

2000年代にはCOE(カップ・オブ・エクセレンス)品評会が開催され、スペシャルティコーヒーとしてボリビアのコーヒーが高く評価されています。

 

 

世界中のコーヒー生産者と自家焙煎ロースターをダイレクトトレードでつなぐオンラインプラットフォーム"TYPICA" を通じて輸入した豆です。

新鮮なコーヒー豆を、必要な人に、必要な量だけ、適正な価格で届けることで、コーヒーをサステナブルに、自然の恵みをともに楽しみたいと考えている“TYPICA”の考え方に共感し、取り扱いを始めました。

 

 

 

 

地域: ボリビア 北ユンガス地方 カラナビ

農園名 : ラ・エスペランサ

標高: 1,600m 

キュレーター : フアン・ボヤン・グアラチ / ナイラ・カタ

生産者:へルネスト・ママニ

品種 : カトゥーラ、カトゥアイ

精製方法 : ウォッシュド

焙煎度合 : 中煎り

 

 

 

賞味期限

豆 : 約3週間

粉 : 約2週間

BOLIVIA

¥800価格
  • 配送方法:ヤマト運輸

    お届け日数:2〜5日

     

    < 送料 >

    本州・四国・九州 800円(税込)
    北海道・沖縄 1,000円(税込)

     

    * 5,000円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料